プラタノとバナナの違い

プラタノとバナナの違い




スペインに来た日本人は誰もが思うのではないか?

「プラタノとバナナの違いってナニ?」

スペインでは、プラタノとバナナは完全に違うものなんです。

日本ではプラタノとバナナの違いってないよね。そもそもプラタノって言葉を知らなかったよね、私は。

スーパーや八百屋ではプラタノとバナナの両方売ってる

スペインのスーパーや八百屋では、プラタノ(plátano)とバナナ(banana)ははっきり区別されて売られています。

例えばスーパー『MERCADONA』ではプラタノは189.99円/キロ、バナナは129.99円/キロというような感じで売られていて、プラタノの方が高いです。

スペインの八百屋でも、プラタノとバナナは別々に売られていて、だいたいプラタノの方が推されてます。

プラタノとバナナは大きさが異なる

スペインでは、バナナの方がちょっと大きくて、プラタノは小さめと言われています。

けれど、実際横に並べてみてもそこまでの違いはありません。きっとバナナをプラタノのコーナーに置いても「これはプラタノではなくバナナだ!」とわかる人は少ないでしょう、というレベル。

いつもスーパーで別々に売られている様子を見ながら、

Right Caption

プラタノを袋に詰めてバナナとして計量してもバレないのかな

とか一人いらんことを考えています。

ちなみに『MERCADONA』は自分で計量する方式だからできるね。『DIA』とか『ALDI』はレジで店員さんが計量してくれるから無理だね。ってそんなことしちゃダメ。ゼッタイ。

バナナよりプラタノの方が甘い

『MERCADONA』の店員さんに「バナナとプラタノの違いって何ですか?」と聞いてみたところ、「プラタノの方が甘いよ。」と言われました。

いつもはプラタノの方が高いのでバナナを買っていたのですが、あの日バナナとプラタノが同額になっていたのでプラタノを初めて買ってみました。

ワクワクしてプラタノを食べてみたのですが、

んん〜?そんなに甘さ違うかな〜?

ってくらいよくわからなかったです。プラタノの方が甘いと事前に言われて意識していなければわからなかったかも。

大きさの違いに続き私が鈍いみたいに思われるかもしれませんが、ほんとにそんな違いがないんです!少なくとも私にはわからない…。

でも、ピソの同居人のスペイン人が言うには

Left Caption

Nuria

バナナは甘くないから生で食べたことがない、焼くなど調理しないと食べられない。だってバナナは生食用ではないもの。プラタノはそのまま食べられるよ。

だそうです。

プラタノとバナナは原産国が違う

スペイン人は、スペイン産のものをプラタノ、南米など外国産のものをバナナと呼んでいるらしいです。自分の国で育てられたプラタノを推す意味も、わかる気がします。

スペインのカナリア諸島がプラタノの産地として有名で、甘いプラタノが育つんだって。スーパーや八百屋では「plátano canario」っていう表記がよく見られます。

プラタノとバナナは斑点が違う

2018年6月21日追記スペイン人のパブロさんが、コメント欄でプラタノとバナナの違いを詳しく解説してくれました。

プラタノもバナナも緑から黄色に色が変化していきますが、プラタノは茶色い斑点が多くつくようです。バナナは茶色い斑点が少なく、斑点ないものもあるのだとか。

斑点があるかどうかの見た目からも、プラタノとバナナの違いは見分けることができるそうです。

プラタノとバナナは栄養価が違う

2018年6月21日追記スペイン人のパブロさんが、コメント欄でプラタノとバナナの違いを詳しく解説してくれました。

プラタノとバナナは、それぞれが持つ栄養価が異なります。

バナナの方がカロリーが高く、カルシウムやマグネシウムが多い。反対にプラタノの方がカリウムやリンが多いなど。わずかな違いですが、栄養価の異なるフルーツです。

プラタノとバナナは完全の異なるもの

スペインでは、プラタノとバナナは似ているけど異なるフルーツとされています。きっと、りんごと洋梨くらいの違いはあるのでしょう。

ちなみにスイス人のピソの同居人は、「スイスではプラタノとバナナの区別はない。」と言ってました。プラタノとバナナを区別しているのはスペインだけなのかな。

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luego!!!

こんな記事も読まれています



プラタノとバナナの違い

気に入ったらシェア!

2 件のコメント

  • Jajaja.
    En realidad, el sabor del plátano y de la banana es bastante diferente, pero supongo que hay que estar acostumbrado para notarlo.
    El plátano es más blando que la banana, ya que esta última tiene más almidón.
    El tamaño sí es diferente. Las bananas son más grandes, pero como en España preferimos el plátano, aquí traen bananas pequeñas, para que así se parezcan a los plátanos.
    El aspecto exterior también es diferente. El plátano pasa de verde a amarillo con manchas oscuras (lo puedes ver en la foto). La banana pasa de verde a amarillo, pero tiene pocas o ninguna mancha.

    Sin embargo, una de las mayores diferencias entre el plátano y la banana, es la nutricional.
    https://www.natursan.net/banano-y-platano-diferencias-nutricionales/

    Me ha gustado el artículo XD

    • Hola パブロさん!!!

      Muchísimas gracias por su comentario. Es muy interesante.

      Entonces ustedes podeis distinguir la diferencia de sabor entre el plátano y la banana no? A mi no me notaba tantas diferencias entre los dos…como comentó,imagino que hay que tener costumbre.
      Tampoco sabía que el color cambiarían con diferentes formas y las diferencias nutricionales,me dio nuevas informaciones.
      Ya entiendo que el plátano y la banana son totalmente diferentes frutas. Antes de venir a España no sabía “el plátano” porque en Japón se venden solo las bananas, creo yo.

      Le agradezco por leer este artículo!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬