海外留学にクレジットカードは必須!ブランドはビザが最強

2016-01-23スペイン留学

留学のクレジットカード

クレジットカードを持っていない人は、留学前に必ず作った方が良いです。

思わず現金が手元になくなってしまうこともあるし、クレジットカードでの決済が必要な局面も出てきます。

クレジットカードの利点と選び方、クレジットカード以外で留学に役立つ選択肢についてご紹介。留学前にクレジットカードは作ってしまおう!

スペインでクレジットカードは使える?

スペインはクレジットカードが使えるお店が多いです。バルで数ユーロのお会計でもクレジットカードが使えて本当に便利。

使えないお店はたいてい

「No se puede usar la tarjeta de crédito.」(クレカ使えません)

と書いてあります。

注意したいのはタクシー。

タクシーは運転手によってはクレカの機械を設置していないので、クレジットカードで支払いたい場合は、乗車前に「Se puede usar la tarjeta de crédito?」(クレカ使えますか?)と聞きましょう。

クレジットカードはレートが良い

スペインのATMで日本円預金をユーロで引き出すよりも、クレジットカードを利用した方が手数料が安いです。

短期の滞在であればあまり気にならないかもしれませんが、長期となると1ユーロあたり3〜4円違ったら大きな差。

もちろん現金が必要な場合は、日本円預金からユーロで引き出さなければならないので、ユーロで引き出せる口座も作っておく必要があります。

なお、スペインの銀行口座を作った後は、海外送金手数料の方がレートがいいので、私は現金派になりました。その方が余計な出費も抑えられる気もしています。汗。

クレジットカードが必要な場面

オンライン購入する時

クレジットカードは、オンラインでチケットを購入したりホテルを予約したりする時に必要です。

例えば劇場やフェスティバルのチケットを購入したい時、現金しか持っていなかったら現地の劇場で買う必要がありますが、遠く離れた町だったら事前購入ができません。

そうこうしているうちに、チケットが売り切れになってしまったらオーマイガー。

オンラインショッピングやRENFEの切符購入はPaypalでできるケースも増えていますが、劇場のチケットやホテル予約はクレジットカードが主流です。

少額決済だけど高額紙幣しかない時

1ユーロとか2ユーロなど支払いが小額なのに、50ユーロ紙幣、100ユーロ紙幣というような高額紙幣しか持っていない時、高額紙幣での決済はお店から嫌がられると思います。「おつりない」と言われることも。

そんな時はクレジットカードで支払えば問題ないです。

お店によってはクレジットカード利用時に身分証明書の提示を求められることがあるので、バスポートのコピーかtarjeta de N.I.E(学生査証カード)を合わせて持ち歩いときましょ。

もともとスペイン国内は身分証明書の携行が義務付けられています。

ビザにするか、マスターにするか

どこでも使えるクレジットカードという意味で、VISAカードかマスターカードを選ぶのが無難です。2種類持っていたら心強い。

VISAが最強クレジットカードです。

「クレジットカード使えますか?」と聞いた時に、「ビザなら使える」と返答が来たことは一度ではありませぬ。

特にタクシーはビザカードしか使えないこともありました。マスターカードは手数料が高いんじゃないかな?と思います。お店によってはマスターカードで支払う場合は、手数料を請求されることもありました。

私は主にJAL・MasterCardを使っていて、予備でみずほ銀行のクレジットカード(VISA)を持っています。

JCBカードはヨーロッパでは使えないお店が多いです。バルやレストランの店員さんも「どこのブランド?」って感じで認知度が低いので、JCBカードはやめておきましょ。

クレジットカードのブランド

日本だと貯まったポイントで特典に変えるということを想定してクレジットカードを選ぶと思いますが、ポイントが貯まったところで海外だと使う局面がない。

つまるところカードのブランドは何でもいいと思います。

JALカードはマイルが貯まるので、場合によっては海外〜海外のディスカウント航空券に引き換えできたりします。

年会費無料系のカードだと、楽天カードは楽天ポイントが貯るので人気。わたしは、今となってはセディナのハローキティカードがほしかったです。これかわいい…。

私のように会社員だった人が会社を辞める場合は、会社を辞める前にクレジットカードを作った方が良いです。なぜかって審査に通りやすいから。

学生の場合は、学生が持てるカードで十分です。

クレジットカード以外の選択肢

クレジットカード以外だと海外専用プリペイドカードという選択肢があります。

事前にプリペイドカードに海外通貨をチャージをしておいて、それを海外で使うという方式です。

海外専用プリペイドカードのいいところはこの2つ。

  • 審査がない
  • 手数料が安い

クレジットカードは必ず審査があるので、学生やフリーランスでクレカの審査に通りにくそうな場合は、海外専用プリペイドカードを視野に入れると良いでしょう。

海外専用プリペードカードは、日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドルの7種類の通貨が使え、各通貨はオンライン上で移動させることができます。便利。このカードはTポイントが貯まります。

Manepa Cardは、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドルの5種類の通貨です。オンラインから最短5分で申し込みできるというスピード感が売り。

クレジットカードは海外留学に必須

クレジットカードは海外留学に必要なものです。

スペインはクレカが使えるお店も多いし、持っていて損をするものではなし。

これから留学する方は、必ずクレジットカードを作ることをおすすめします!

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luego!!!

こんな記事も読まれています