毎日お世話になってるスリッパは海外留学の必需品

2016-01-18スペイン留学

スペイン留学の際に日本から持って来たものシリーズで、やはり毎日使うもの。それはスリッパです。

これはもう本当にお世話になっていて、もしスリッパがなかったらと考えると無理、一日中靴で過ごすのは私は無理です。なんで、スリッパ持ってきて本当に良かった〜!

スポンサーリンク

家の中で靴を脱がない習慣

想像通りヨーロッパの方々は家の中で靴を脱ぐ習慣がないので、夏だったらサンダル、冬だったらブーツを履いたままウロウロしたりします。

もちろん、スペイン人の中には家の中で日本人のように靴を脱ぐ人もいます。でも、日本と違ってじゅうたんやフローリングではないので、スリッパやルームシューズは必ず履いています。冬は床が冷たくてとてもじゃないけど素足では歩けない・・・。

 

スリッパは2足以上持参をおすすめ

まずは自分が住む家用の普通のスリッパ1足。そして、私は飛行機の中でもスリッパに履き替えたいので、飛行機や友達の家に持っていけるように携帯用スリッパを1足持って行きました。

欲を言えばもう1足予備のスリッパが欲しいです。最低2足は持っていくことをおすすめします。

というのが、日本と違って他のみんなは靴で家を歩いているので、スリッパがすぐ汚れるんです。で、そのたびに洗濯するのですが、洗濯している間はスリッパが履けないことになるので、もう1足持ってくれば良かったなーと思っているところです。

 

夏はサンダル、冬はルームシューズ?

スペインの特にアンダルシアの夏はとても暑いので、夏用に楽チンなサンダルを持って来てもいいと思います。どちらにしろビーチには行くだろうし。寒がりの人は、冬用にルームシューズをおすすめします。

セビリアは夏が暑いため、家が暑さを逃がす用になっていて、冬は家の中がとても寒いです。(気温は日本より高いのですが・・・)

 

現地でもスリッパは買えるけど・・・

中国人経営の雑貨屋でもちろんスリッパは売られていますし、ZARA HOME などの雑貨屋さんではかわいいスリッパが売られています。しかし、結構高いのです。

スリッパなんて軽い物だし、着いたらすぐ使いたいし、と思って日本から持って行きました。実は、2足ともお友達がプレゼントしてくれたものです。やはり留学前にスリッパをゲットしていると現地に来てから探す必要がなくて楽。

本当に重宝しています。ありがたい。

 

家の中に入る際の注意

自分の家でもそうですが、特にお友達の家にお邪魔する時の注意点。

こちらの家は大体、玄関のドアの手前にマットがあります。家に入る前にこのマットで汚れを落としましょう

家の中で靴を脱ぐ習慣がない分、家に入る前に汚れをしっかり落とす習慣があるってことですね。

 

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luego!!!