スペインの古着屋『HUMANA』は全品1ユーロの日があります

スペインの古着屋HUMANA




『HUMANA』は、マドリード、バルセロナ、グラナダとセビリアに展開しているスペインの古着屋さん。

『HUMANA』では、よくセールを開催していて、全品1ユーロのセールの日もあります。

スペインでちょっとTシャツ買いたい、寝巻き買いたい、のような時は古着屋『HUMANA』の全品1ユーロセール使える。とても安いです!

というわけで、スペインの古着屋『HUMANA』についてご紹介します。

スペインの古着屋HUMANAで売られているもの

スペインんの古着屋『HUMANA』の店内は、女性用・男性用・テキスタイルというテイストごと、または洋服のカラーごとに分けられています。

取り扱っている古着は、シャツ・Tシャツ・ジャケット・スカート・コート・マフラー・ストール・帽子・バッグなど。

『HUMANA』の古着はかなりたくさんの種類があります。ボタンが取れていたり、破れていたりするものもありますが、中にはほぼ新品というものも。

店内には試着室があるので、気になったものは試着室で試着どーぞ。特に断ることなく、サッと試着室に入れば大丈夫です。

HUMANAはよくセールやってる

スペインの古着屋『HUMANA』では、月1くらいの頻度でセールをやっています。2015年末は3つで15ユーロのセールをやっていました。

年が明けてスペインのクリスマスReyes Magos(1月6日)が終わったら全品4ユーロ、のセールが始まりました。

2日後には全品3ユーロになりました。そしてその2日後には全品2ユーロ。

もしかして、もしかして、と待っていたら昨日、来ました!

全品1ユーロ!

moni
わーい。全品1ユーロはアツイ!
スペインの古着屋HUMANA

状態の良い普段着られそうなカーディガン、シャツを購入しました。3着で3ユーロ。お買い得だわ〜。

HUMANAの取り組み

『HUMANA』では古着が販売されていますが、服の買い取りはしていません。

店舗には着なくなった服を回収するボックスがあります。家庭でいらなくなった服を回収し、以下の方法にカテゴリ分けしているそうです。

  • HUMANAの店舗で販売する
  • 別の国へ送る
  • リサイクルにまわす
  • 捨てる
  • HUMANA公式サイトより)

最後の捨てる、は服としてもうどうにもならないものなのか、ボックスで回収した中身に服以外が混じってるとか(スペインならありえる…)なのだと思います。

この『HUMANA』の仕組み、なかなか興味深いなと思いました。

セビリアにあるHUMANA

セビリアには古着屋『HUMANA』の店舗が3つあります。

Avenida de Menendez Pelayo, 52

外周沿い、ネルビオンのエルコルテイングレスへつながるルイス・モントート通り(Calle Luis Montoto)の近くです。

Marquez de Pickman, 33

ネルビオンのさらに奥、セントロからだとちょっと遠いですね。

Calle San Jacinto, 69

トリアナ地区、こちらもセントロからだと遠いかも。トリアナ住まいの人は使えるね。

マドリードやバルセロナでも『HUMANA』の店舗を見かけたことがあり、各都市に数店舗あるようです。

古着屋HUMANAを活用しよう

肝心の『HUMANA』のセールは、3つで15ユーロはうーんという感じもするけど、1ユーロで服が買える日はお買い得。

特にTシャツやシャツなどすぐに買い替えが必要そうなものは『HUMANA』で買うと安いと思いました。

スペインで古着屋を探している人は、是非行ってみて下さい。

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luego!!!






スペインの古着屋HUMANA

気に入ったらシェア!

ABOUTこの記事をかいた人

10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬