留学準備 ユーロで引き出せる日本の銀行口座を開く

2016-01-08スペイン留学

長期間の留学をする時にまさか現金で生活費を持っていくわけにはいかないので、留学の際は現地通貨(ユーロ)で引き出せる銀行口座を作る必要があります。

私がスペインに留学する前に、日本で用意していった日本の銀行口座2つをご紹介します。

スポンサーリンク

銀行口座はメインとサブの2つ用意しよう

日本円で預金し、ユーロで引き出せる銀行として2つ銀行口座を作っておきました。

一つはもともと使っていた新生銀行。もう一つは旧シティバンク。今はSMBC信託銀行に変わってしまいましたねー。

2つの銀行口座を作った理由

2つの銀行口座を用意したのは、何らかの理由でキャッシュカードが使えなくなったりした時のための予備として。

ATMにキャッシュカードを吸い取られて、取り戻すのに別の街の本店に行かなければいけなかった人の話とか聞いていたので、口座1つではちょっと不安だなと思いました。

新生銀行をメイン、SMBC信託銀行をサブとして利用することにしました。

 

スペインでユーロを引き出すには手数料がかかる

私は300ユーロ単位でスペインのATMからキャッシュカードで現金を引き出していました。感覚的なものですが、新生銀行では為替レート+5〜6円程度の手数料が発生していると思われます。

2016年1月6日現在1ユーロ128円を切るくらいなので、スペインで300ユーロ引き出すと40,200円〜40,500円くらいの日本円が口座からなくなっているイメージです。

SMBC信託銀行の方は、さらに手数料216円が取られます。(シティバンクの時は取られなかった気がするけど?)なもんで、SMBC信託銀行は使わなくなりました。

 

口座維持の条件

新生銀行は残高によって、翌月の振込手数料が無料、等の特典が決まります。残高が少なくても手数料は取られないので安心。

SMBC信託銀行は残高が50万円を下回ると口座維持手数料2,000円取られます。何が何でも取られたくないので、50万以上入金しておき、以後この口座は触っていません。

もともとはシティバンクの支店がスペインにもあるし、と思って口座を作りましたが、今や何も関係ないので、SMBC信託銀行で口座を作った意味を見失ってます。

*****追記*****
と思ってましたが、スペインで銀行口座を作りました。日本から円を海外送金するので、その際にSMBC信託銀行を使ってます。ありがたや。
****************

 

スペインATMでの現金引き出し方法

スペインのATMで、日本口座の現金を引き出す場合はこのような手順になります。そんなに難しくないです。

1. 日本の銀行口座のキャッシュカードを入れます。

2. 何をしたいのか?と聞かれるので「sacar dinero」を選択します。

3. どのくらいおろしたいのか?と聞かれるので、画面に出ている金額を選択するか、または自分で指定します。

4. ATMによってはレシート(recibo)はいるか?と聞かれるので、siまたはnoを選択します。

5. 現金が出てきます。キャッシュカードとレシートを受け取るのを忘れずに。

 

スペインで現地の口座を作る

tarjeta de estudiante(学生査証カード)&N.I.E(外国人登録番号)が発行されるまでは、上記の方法で日本の口座から現金(ユーロ)を引き出していました。

晴れてN.I.Eが発行された後はスペインの口座を作ることができるようになったので、今後はスペインの口座をメインで使うことにしました。

 

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luego!!!