スペイン中距離列車『Media Distancia』に乗ろう

スペイン中距離列車『Media Distancia』に乗ろう




スペイン国内の鉄道(RENFE)の中で、Media Distancia(通称MD)は県を超えて移動できる電車。

MDを利用すれば、スペイン国内の様々なところに鉄道で移動することができ、旅の幅がグッと広がります。

MDとはどんな電車なのか、MDの切符(チケット)の買い方をご紹介します。

MDはどんな電車?

スペインの鉄道セルカニアス

Media Distancia/メディア・ディスタンシアは、右の車両です。左がセルカニアス。

スペイン国鉄(RENFE)の鉄道の種類の中で、「Cercanías/セルカニアス」は県を越えませんが、「Media Distancia/メディア・ディスタンシア(MD)」は県を越えます。

セビリアからMedia Distancia/メディア・ディスタンシアで行けるスペインの主な都市はこちら。結構遠くの都市までMDで行けるのです。

  • Huelva(ウエルバ)
  • Córdoba(コルドバ)
  • Málaga(マラガ)
  • Granada(グラナダ)
  • Jaén(ハエン)
  • Cádiz(カディス)
  • Jerez de la frontera(ヘレス)
  • Merida(メリダ)

これらの行き先へはMDだけでなく、「ALVIA」や「AVE」というスペイン高速鉄道も走っています。

「ALVIA」や「AVE」は高速鉄道なので料金がお高めですが、MDは料金が安いです。

所要時間はほとんど同じことが多いので、安い料金で鉄道の旅をしたいという金額重視派は迷わずMDを選ぼう!

MDのチケットの買い方

Media Distancia/メディア・ディスタンシアはあらかじめ切符(チケット)の購入が必要です。MDのチケットの買い方を説明します。

当日駅の窓口や券売機でもMDの切符(チケット)買えますが、並んでいたり売り切れたりすることが多々ある。(売り切れ結構ある…)だから、事前にインターネットで切符(チケット)を買う方が安心。

MDの切符(チケット)は、RENFE公式サイト(スペイン語・英語)または代行会社のレイルヨーロッパジャパン(日本語)で購入可能です。

RENFEの公式サイトを見る

レイルヨーロッパジャパンのサイトを見る

RENFE(スペイン国鉄)のHPでMDのチケットを購入する場合の支払い方法は、クレジットカードかPay Palです。駅の窓口で購入する場合は、現金またはクレジットカード。

RENFEのチケットは往復で買うと20%割引になります。20%割引は窓口でもインターネットで購入しても同じ。

RENFE(スペイン国鉄)のHPでMDのチケットを購入した場合、チケットは下記いずれか方法で事前に準備しておきます。スマホのPDF画面を見せるだけではダメなのでご注意!

  • iPhoneのPassbookにインストール
  • メールに添付されてくるPDFを印刷
  • 予約時に発行される「LOCALIZADOR」という番号を駅の発券機に入力して発券
券売機で発券する方法
スペインの鉄道MDの券売機

MDの券売機はこの紫色の機械。

スペインの鉄道MDの切符の買い方

最初の画面で「Impresion(印刷)」を選択。右の画面が出たら「Continue」を選択。既に印刷してある切符があるなら印刷不要だよってメッセージ。

スペインの鉄道MDの切符の買い方

「Localizador」を選択し、予約時に発行された「Localizador」を入力し、「Aceptar」印刷画面になったら「Imprimir」を押す。

売り切れると乗れないMD

Media Distancia/メディア・ディスタンシアは、切符(チケット)が売り切れると乗せてくれません。日本の新幹線だったら乗車率120%とかいって乗ることができますが、スペインはNG。

もし希望の電車が売り切れていたら、空いている電車まで待つ必要があります。

MDの電車は本数が少ないこともあるので、特に休日、休暇シーズンは、いい時間が売り切れることが多いです。

旅行でそのような事態になると旅程が狂うと思うので、事前の切符(チケット)購入はほぼ必須。

MDへ乗車する

駅の掲示板で、自分が乗る予定の電車が何番線発なのかを確認します。

Llegadasが到着、Salidasが発車、発車する番線は、「Via」というところに書かれています。

スペインの鉄道MDの切符

Media Distancia/メディア・ディスタンシアの席は指定席で、切符(チケット)購入時に採番されます。「Coche」が号車、「Plaza」が座席。

MDには改札はないので、電車が来たら指定の号車に乗って指定席に座ります。

8割くらいの確率で、途中で車掌さんと思われる人が切符(チケット)のチェックにきます。事前に用意しておいたPassbookか印刷・発券したチケットを見せる。いまだにちょっとだけドキドキする瞬間。

この際に異なる電車に乗っていたらかなり怒られます。車掌さんのご機嫌によっては降ろされたり、再度チケットを買わされたり。見逃してくれる心優しい車掌さんもいるけどね。怖い人もいます。

やはり余裕を持って事前に切符(チケット)を購入し、きちんと指定された電車に乗ろう。

なお無賃乗車はかなりの重罪です。訴えられる可能性があるので、無賃乗車は絶対やめましょう。

発車時刻前なら時間変更可能

Media Distancia/メディア・ディスタンシアは発車時刻より前であれば、窓口またはMDの券売機で乗車列車の変更が可能です。

乗りたい電車に空席がある場合のみ変更可能となっています。

券売機で変更する方法
スペインの鉄道MDの切符の変更方法

最初の画面で「Cambiar(変更)」を選択。「既に支払い済みのため、同じ金額の電車にしか変えられません」のメッセージが出るので、「Cerrar(閉じる)」を押す。

スペインの鉄道MDの切符の買い方

バーコードをスキャンするように指示されるので、現在持っているチケットのバーコードを券売機右上でスキャン。画面に表示された現在予約している電車の情報が合っているかを確認して、「Aceptar(承諾)」を選択。

スペインの鉄道MDの切符の変更方法

リストの中から変更したい電車を選び、確認画面で「Imprimir(印刷)」を選択。

帰りの時間がわからない時は、とりあえず最終電車を購入しておいて前倒すことができるので便利です。

発車時刻を過ぎてしまったら、いかなる場合でも変更はできないのでご注意ください。

バスが苦手な人はMDがおすすめ

MDで行けるところは、たいていバスでも行けます。

私は時間にルーズだし、道がぐにゃぐにゃだと酔うからバスが苦手。なので、MDをよく使ってます。

車窓からスペインの景色が見られる鉄道の旅も楽しみの一つ。

check
日本語でRENFEのチケットを購入するならレイルヨーロッパジャパン

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

こんな記事も読まれています



スペイン中距離列車『Media Distancia』に乗ろう

気に入ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬