スペインへEMS届かず…でも小型包装物で届いた!

2015-12-04スペインの生活

スペインのEMS

スペインでは EMS の受け取りにはかなりの労力を使います。届いた EMS便(国際スピード便)と手こずって届かない EMS便があって、手こずる時の理由がよくわからない。

スペインでEMSは受け取れるのか? 受け取れないのか?

私の経験上、EMS(国際スピード便)はやめておいた方がいいと思う。スペインにEMSで荷物を送ろうとしている人、危険デスヨ!

EMS(国際スピード便)とは

そもそもEMSというのは何かというと、「国際郵便の中で最優先に取り扱い、スピーディーにお届け」する国際郵便物のサービスです。追跡サービスが付随や荷物の補償も付いている安心のサービス。

日本の東京からスペインだと4日間程度で着くというスピード便です。

がしかし。スペインまで4日で到着したって配達先に届かなきゃ意味がないんだYO!!!

EMSで日本からスペインへ発送する時

EMSを利用して日本からスペインへ発送する時、荷物の中身を細かく記載する必要があります。「私物」という記載はダメです。

・古着 ○着 ○円(現在の価値)
・化粧水(アルコール成分なし) ○個 ○円

荷物の重量と送付先の国によって発送金額が異なります。万が一、郵便局側のミスで荷物が紛失した場合、記載されている金額まで補償されます。

荷物の中身として記載した金額に応じて、受け取り時に関税が徴収されます。

なぜEMSが届かないのか

今までEMSの荷物が届かなかったことが2回、届いたことが2回あります。

EMSの荷物が届いた2回は税関で止められることがありませんでした。EMSの荷物が税関で止められた2回は、どちらも日本に返送されてしまいました。

EMSの荷物が届いた2回と、EMSの荷物が届かなかった2回を検証してみました。EMSの荷物が届いた時と届かなかった時の違いは、私が予測する限り荷物の大きさです。

届いた
段ボール大きさ:片手で持てるくらい
中身:1回は洋服、もう1回は化粧品
届かなかった
段ボール大きさ:両手でないと持てない大きさ
中身:1回は食材、もう1回は洋服と化粧品

化粧品は届かなかった時と届いた時がありました。ということは、中身をまず先に見ているのではなく、大きさを見ているのではないか、と思いました。

箱が大きいと、大量に持ち込むのではないか、ビジネスの利用するのではないか、と懸念され税関で止められるのかな、と想像しています。

EMSが税関で止められる時の作業

これまでに2回経験したEMSの荷物の日本への返送。荷物が税関で止められた時に、私が受け取りを夢見て行った作業をご説明します。

ADT POSTALESから指示された書類のアップロード

まず、ADT POSTALES(Correoのグループ)というところから Aviso de Llegada という書類が郵送で送られてきます。「あなた宛の荷物が届きました、税関に保管されています。」というお知らせです。

この時点でEMSの配送状況インターネットで確認すると、『税関手続き中』になっています。

このAviso de llegadaの書類に記載してあるのは、期日までに以下の書類を指定されたウェブサイトからアップロードせよ、というもの。

・Aviso de Llegadaの書類に電話番号、メールアドレス、N.I.Eの番号(外国人登録番号)、荷物の中身、サインを記載したもの
・N.I.Eのコピー
・荷物の中身の購入レシート、領収書等金額を証明するもの(Justificante de pago)
・中身の価値を細かく記載したもの(Documento de compra)

しましたよ、期日までにアップロード。たまたまオンラインストアで購入した化粧品だったので、領収書の画面をキャプチャしてアップしてやりました。

そして、Aviso de Llegadaには今後の行程として、以下の記載がありました。

「e-mailで徴収する関税額のお知らせが届きます。郵便局・ドイツ銀行・BBVA銀行でお金を支払って下さい。その後、荷物があなたの住所に届きます。」と。お知らせを待とうじゃないの。

申告書の作成

上記書類は提出しましたが、documento de compraがわからなくて、Justificante de pagoと同じ購入レシートのデータをアップしていたところ、ADT POSTALESから Rechazo de Documento (ドキュメントの拒否)という件名のメールが届きました。

読んでみますと、以下の書類をアップロードせよ、とのこと。

「…..justificante de compra (idioma de la comunidad europea) o declaración jurada donde aparezca la descripción de la mercancía y el valor de la misma.」
ヨーロッパ共同体の言語で書かれている購入の領収書、または品物の詳細が記載してある申告書(宣誓書)。

うーむ、さすがに英語やスペイン語で書かれた領収書はない。。。ここは申告書でいくか。さて、上記の指示はありましたが申告書の雛形等は添付されていません。しょうがないので、インターネットで探しました。

雛形をもとに作成した書類は下記のようなものです。

申告書の記載例

Yo,**** ****(名前) de nacionalidad Japón, con N.I.E(******),domiciliado en,*****(住所),*****(郵便番号),Sevilla,declaro el valor estimase de la marcancia,
Pais de origen de la marcancia:Japon(日本でない場合はその国)

descripción
(品名)
código
(商品コード)
marca
(ブランド名)
uni
(個数)
valor uni
(単価)
total
(合計)
cosméticos sin alcohol
loción
123 abc 2 20€ 40€
cosméticos sin alcohol
crema
456 abc 2 20€ 40€

最後に日付と自分のサイン。

これで、やっと荷物が受け取れる!と思っていました。

指定された誓約書にサイン

再度ADT POSTALESからメールがきまして、documento Declaración de uso y destino を提出せよ、とのこと。前ステップで終わりかと思っていたら、まだあったのね。。。サイトに誓約書が添付されており、書類に従って以下の内容を記載しました。

・送付元の名前
・送付先の名前(自分)
・品物の製造国
・荷物の中身
・利用の目的
・自分の名前・サイン
・N.I.E
・日付

あーこれでようやく荷物が受け取れるんだ!と安心して、関税の金額通知がくるのを待っていました。ADT POSTALESのサイトでも、次のステップ待ちの状況になっていたので安心しきっていました。

まさかのEMS日本へ返送

関税のお知らせ遅いなーと思いながら待っていた頃、家族から悲しい知らせが届きました。

保管期限過ぎたって理由で荷物が戻って来たよ

えっえっえーーーー!!!!!!??????

ちょっと待って、なぜ・・・。

だって、関税金額のお知らせを待っていたのに。保管期限を過ぎたって。だって、連絡くれなかったのそっちじゃん。ひどい。。。(泣)

もうADT POSTALESもCorreoも信用できない、と思ったのでした。

小型包装物で送ってもらうことにした

2度の理不尽な返送を経て、EMSはかなりの確率で税関で止められて届かないことがわかったので、必要な物を小型包装物で送ってもらいました。そしたら税関で止められることなく、スムーズに無事届きました!そして、関税の徴収もなし!

小型包装物の到着日数

小型包装物とは、最大2kgまでの荷物を送ることができる郵便物で、航空便、エコノミー航空(SAL)便、船便に対応しています。

東京からスペインまでの到着日数
航空便:9日
エコノミー航空(SAL)便:2〜3週間
船便:3ヶ月程度

国際EMSの時は速達と謳っているくせに、税関に届いてからが異常に長かったわけですが、今回の小型包装物はトラブルなく2週間以内に届きました。AIR MAILとハンコが押されていたので、航空便で送ってもらったのだと思います。

配達時不在だったので後日郵便局へ受け取りに行ったのですが、郵便局での受け取りもスムーズ。これは使える…と思ったのでした。別に変なもの送ってるわけじゃないし。

小型包装物には追跡サービスはない

EMSは追跡サービスがあり、インターネットで配達状況の確認ができるようになっています。今回「普通郵便で送りたい」と郵便局員に家族が伝えたところ、「追跡サービスがなく紛失リスクがあるから、EMSの方がいいのでは」と言われたそうです。

「いやいや、追跡サービスついてたって、手元に届かなきゃ意味ないじゃんっ!」

EMSのような追跡サービス、補償が付帯されてはいませんが、小型包装物はオプションで書留、速達、受け取り通知、保険(補償)を付帯させることができます。書留や受け取り通知は数百円なので心配な人はつけてもいいかも。

ほんっとーに重要なものを送るかどうかは、よく考慮してください。

スペインの郵便に再配達の仕組みはない

荷物の受け取りに関して「日本の不在通知&再配達ってすばらしいのね」と思いました。不在通知はポストに入っていましたが、再配達はありません。自分で取りに行かないといけないです。

重たい荷物だったので郵便局に取りに行った際に、再度配達してほしいとお願いしてみましたが、「あなたが家にいなかったせいで渡せなかった荷物なので、再配達はできません」と半分よくわからない理由で断られました。

スペインから日本へ手紙を送ってみた

逆にスペインから日本に手紙や小包を送るとどうなるのだろうか、ということも気になっていました。

スペインから手紙を送った時は、約1週間程度で届きました。日本のどの地域かにもよると思いますが、意外と早く到着するみたいです。

クリスマスシーズンは時間がかかる

11月末頃〜1月初旬にかけては、荷物を送らない方が良いです。この期間はスペインのクリスマスシーズンにあたり、大量の荷物がやりとりされるので荷物が届かない可能性が高いです。

私は12月頭に日本から送ってもらった小型包装物が届かず、2月初旬に日本の家族の元へ返送されました…。その経験以来、年末年始のシーズンは荷物や手紙を送らないことに決めました。

というわけで、日本からスペインへ荷物を発送する場合は、EMSよりも小型包装物をおすすめします。

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luego!!!

こんな記事も読まれています