スペイン語の皮肉「ironía」を使った表現

スペイン語の皮肉 ironia を使った表現
スペイン語

スペイン語では皮肉を意味する「ironía(イロニア)」がよく出てきます。

「ironía」とは、言葉と実際の思っていることが反対のスペイン語表現です。

スペイン語の「ironía」はどのようなものか、私なりに考察してみました。

ironíaの見分け方

スペイン語の皮肉を表すironíaはなかなかわかりにくいです。ironíaは相手の顔、声のトーン、状況から判断する必要があります。

状況的に考えて逆のことを言っているだろうとすぐわかるものもありますが、ちょっと考えないと皮肉とわからないironíaもたくさんあって、スペインのironíaを見抜くのは慣れが相当いると思いました。

状況と真逆のことを言うironía

すっごく暑い日、セビリアの真夏50度に届いてるんじゃないかというくらい暑い日に

Hoy hace mucho frío ehhh??
今日はすごく寒いよねぇ!!

と言われたら、それはironía(皮肉)の一種です。

最初の頃、「えっ?」っていちいち反応してました笑。けど、そんな暑い日に frío(寒い)とか言う人はいないので、反対の意味だってことに気がつきますね、これはさすがに。

考えと逆のことを言う

道で友達にばったり会った、彼女はオシャレをしてどこかに出かけるようだ。そんな彼女にかける一言。

Hola que guapa estas.
やぁ、(その格好)すごくかわいいね。

Holaaaa que guapa estas!!!

と、声のトーンが高く、にこにこ笑顔で言った場合は、ironíaではなく本当に「えーかわいい格好!超似合ってるじゃん!」と思っています。

Hola que guapa estas…

と、声のトーンが低く、ひきつるような笑顔で言った場合は、実は「全然似合ってネー、かわいくネー。けど、礼儀としてかわいいと言っておかなきゃ。」と思っています。

顔が笑ってないなら心から褒めていないとわかりそうな気がしますが、ironíaが会話の中で自然に出て来たら気づかないかも…と思ってしまいました。空気を読む力が必要ってことですよね。

自分に対してironíaを使う時

ironía(皮肉)は他人に対してだけではなく、自分に対しても使うことができます。

例えば、いつも昼食にリゾットを作っている友人がいたとします

私:Que preparas hoy?
あなた今日何作るの?
彼:Preparo risotto para variar.
今日は(いつもと)変えるためにリゾットにするよ

「リゾットいつも食ってるやん!」と突っ込み待ちのironíaです。日本のノリツッコミはスペインのironíaに近いのかなぁ。

スペインではironíaに慣れるべし!

日本語でも ironía(皮肉)を使ったような表現はあるし、顔や声のトーン、目の動きとかで言っていることと反対の意味にもなったりするから、スペインのironiaにも慣れるしかないのかなと思いました。

外国語だとつい構えてしまうけど、怖がらずにスペイン語でironíaを使えるようになりたいものです。

まずは、相手のironíaを見抜けるように。

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luego!!!

関連記事 ▷ スペイン語の皮肉「ironía」と「sarcasmo」の違い

moni

スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、会社を退職して2015年〜2021年までスペインのセビージャ暮らし。スペイン生活の中で気づいたこと、セビージャのこと...

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。