セビージャ マカレナにある老舗店のチュロスはおすすめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
チュロス_チョコラテ_セビージャ_familia alfonso

スペインで朝食やメリエンダ(おやつ)で定番となっている「チュロス(churros)」。

セビージャに来たら是非Familia Alfonsoのチュロスを食べてほしいです。セビージャのチュロス屋さんの中で、美味しいととっても評判の店で、実際美味しいのでおすすめ。
一人でもペロッと食べられてしまいます。というか、私は食べます。もちろんチョコラテ(chocolate)浸してね。

スポンサーリンク

1927年からやっている老舗

Familia Alfonsoは1927年から営業しているチュロスの老舗です。

場所はマカレナの教会、Arcos de la Macarena(アルコス門)の近く、ザ・マカレナのエリアにあります。アルコス門から大通り(Calle Resolana)を渡ったところ、お向かいはBAR PLATAです。

朝や、おやつ時は並んでいるのですぐわかると思います。特に朝は人気でいつも列ができています。

セビージャ_マカレナのチュロス屋行列

11時頃の列はこんな感じでした。もう少し早い時間から並んでいます。

サイズはminimoで十分

一人で食べるならminimo(ミニモ)というサイズで十分だと思います。minimoでチュロスが12本です。誰かと分けて食べるなら1/4や1/2でも食べられるかもしれません。

チュロスメニュー_familia alfonso

注文が入ったらチュロスを作り始めます。油の入った大きい鍋に、慣れた手つきでチュロスの素(お好み焼きのタネみたいな状態)を入れていきます。すぐできます、2分くらいかな?熱々のチュロスをチョキンチョキンと切って紙で包んでくれます。
作りたてを食べられるのは嬉しい(^^)

混んでいる時間帯は注文後に作り始めるわけじゃないと思うけど、どんどん売れるので熱々のものが食べられます。

チョコラテ(ホットチョコレート)は私はVaso Pequeño(小さいコップ)で十分です。Vaso Grande(大きいコップ)はシェアする人用だと思われ。

近頃Gofre(ワッフル)も気になってます。次は生クリーム付きワッフルを食べようかな。。

持ち帰りして食べる

私は家でゆっくりメリエンダしたかったので、持ち帰りして食べました。

チュロス_チョコラテ_セビージャ_familiaalfonso

「ミニモで何本ですか?」と聞いた時、12本と言われて食べられるかなぁどうかなぁと思ったけど、全然食べられました!笑。そんなに太くないからスイスイ食べられるよ。とりあえずminimoで食べてみることをおすすめします。

油がしつこすぎず、チョコラテが濃厚で、セビージャで食べたチュロス中では一番美味しいと思ったかな〜。ここのチョコラテの濃厚さを知っていたからか、フェリアで食べたブニュエロのチョコラテが薄くてなんか物足りなかった・・・。

チュロス_セビージャ_familia alfonso

もちろん店先でも食べられます。ちょっと腰掛けてささっと食べている人もたくさんいます。この前おっちゃんが一人で20本以上のチュロスをほうばって食べてて微笑ましかったです。

店は不定休

お店は不定休らしいです。

フェリアの時期は夜中も空いていたけど、逆に夕方は閉まっていました。朝は開いていることがほとんどで、夕方は日によるようなイメージがあります。
お店のHPがあるわけではないので、食べようと思ってやってなかった、という可能性もありえます。午前中なら開いている可能性が高いと思います。

セビージャの人は飲み明けにチュロスを食べることも多いから、朝早くから開いているような気がします。

あーこの記事書いていたらチュロスが食べたくなってきた。今日開いてたらメリエンダで食べたい!
セビージャに来たら是非マカレナにあるFamilia Alfonsoのチュロスを食べてみてください!

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

スペインのチュロスって日本でも売ってるんですねー。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする