アンダルシアの朝ごはん「tostada」を一挙公開!

アンダルシアの朝ごはん_tostada_sevilla_chiclana

アンダルシアの朝ごはんと言えばtostada(トースト)です。だいたいtomate(トマト)とaceite(オリーブオイル)は黙っていてもついてきます。

スペインの他の地域では異なる形式の朝ごはんを食べる、と聞いたことがあるのですが、実際どうなんでしょう。

それでは、この2年でお出かけした際に食べた朝ごはんを一挙にご紹介します!

スポンサーリンク

典型的な朝ごはんはトーストとカフェとオレンジジュース

アンダルシアの朝ごはん_tostada_sevilla

アンダルシアの典型的な朝ごはんは、tostadaとカフェとオレンジジュースです。日本で言う、白飯、海苔、たまご的な感じでしょうか。

アンダルシアのシンプルな朝ごはんメニューは、tostada にオリーブオイルとトマトです。トマトは輪切りバージョンと、すりおろしたバージョンがあります。間に挟むものがトマトだけの時は私は「輪切り派」だけど、輪切りトマトを出しているバルは少なめです。

tostada_sevilla_セビージャの朝ごはん

輪切りの tostada はこんな感じです。

カフェはcafé con leche(カフェ・コン・レチェ)が有名だけど、私はコーヒーの苦味が苦手なので、カフェが少なめのcafé manchado(カフェ・マンチャード)を頼みます。しかもcafé manchaito muy clarito(超カフェ薄め)です。カフェが多めが好きな渋い人はcafé cortado(カフェ・コルタード)を頼んでみてくださいませ。

オレンジジュースは頼めばついてきます、程度です。追加料金となることが多いです。節約生活の私はケチってあまり頼まないです(汗)。

お出かけした時は生ハムやチーズを追加

セビージャからアンダルシアの別の都市にお出かけした時は、ちょっと贅沢にjamón(生ハム)やqueso(チーズ)をトッピングしてみます。

アンダルシアの朝ごはん_tostada_jerez

これはJerez de la Frontera(ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ)で食べた朝ごはん。生ハムの上にオリーブオイルをかけちゃったけど、友達曰く「パンの方にオリーブオイルはかけるんだよ」と。「じゃないとオリーブオイルが垂れちゃうじゃん!」って。ホントだね。

アンダルシアの朝ごはん_tostada_chipiona

夏にぷらじゃに行く前にChipiona(チピオナ)で食べた tostada は、生ハムの上にすりおろしたトマトを乗せました。トッピングがある時は「すりおろしトマト派」に寝返ります、私。いひひ。

アンダルシアの朝ごはん_tostada_sevilla_chiclana

Chiclana de la Frontera(チクラナ・デ・ラ・フロンテーラ)で食べた tostada は、queso(チーズ)とtomate(トマトすりおろし)です。カフェはもちろん、まんちゃいーとムイビエンクラロです。

他のトッピングもあるよ

manteca(マンテカ)というオレンジのラードのようなものを塗る人もいます。友達に「これマジうまいから!」的なことを言われて一回試したけど、私は無理でした。本当にラードを塗って食べてるみたいで・・・。

シンプルにジャムとマーガリンだけで tostada を食べる人もいます。私もフィエスタ明けの朝8時とかにバルで朝ごはんを食べることになった時は、tostada とマーガリンだけでした。全然お腹空いてなかったし、飲み明けだったしね。。。

パンの種類が選べる

バルによってはパンの種類を選べます。通常の硬めのパン(Viena)とモジェテ(mollete)と呼ばれる丸いちょっと柔らかめのパンです。私はモジェテが好きです。アンダルシアの他の地域ではpitufoと呼ばれるパンがあるそうです。同じアンダルシアでも地域に寄って違いがあるとは。

アンダルシアの朝ごはん_tostada_sevilla_casabermeja1

Casabermeja(カサベルメハ)というマラガの大変美しい村に行った時に食べたモジェテのtostada。カレールゥ入れるみたいな容器にすりおろしトマトが入ってきて、グゥー(死語か、これ?)でした!

アンダルシアに来たらバルで朝ごはんを!

お出かけした先のバルでゆっくり朝ごはんを食べる時間は、ある意味至福の時です。今年の夏はどんなところで朝ごはんが食べられるかな。

アンダルシアに来たらバルでゆっくり朝ごはんを食べてみてください。

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!