スペインでiPhone水濡れ事故!どうする?

iphone-410324_640-min

やらかしたー!

自分のバカバカバカ・・・!!!

iPhone水濡れさせました。。。

スポンサーリンク

気の緩みから発生した事故

ぼーっとしていたのかもしれません。

いつもお茶を入れているボトルにいつものようにお茶を入れ、キャップを閉め、カバンに入れました。iPhoneとポーチもカバンに入れて、玄関を出て、階段降りて、ピソの共同玄関から出た時、太ももに冷たい液体がっっっ・・・。

えっ!?!?

お茶漏れてるじゃんっ!!!(ToT)

そうなんです・・・。
キャップの閉め方が緩かったみたいで、全てカバンの中でこぼれていました。当然カバンに一緒に入れていたiPhoneもびしょびしょに。。。(ToT)

すぐにiPhoneを救助しましたが、力尽きたように電源がOFFになりました。

焦った私がやらかしたさらなる失態

「電源を入れなくては。」
と思った私は、水気を拭き取り、蘇生を試みるように一生懸命電源ボタンを押します

つきません。

「水気を取らなくては。」
と思った私は、一生懸命iPhoneを振って水気を落とそうとします

この2つの行動、後でインターネットで見たら、iPhoneが水濡れした際に『やってはいけない』行動でした。。。orz

iPhoneが水に濡れた際は、中に入り込んでしまった水気をそーっと乾かさないといけないらしいのです。

米の中に入れる

お友達から米の中に入れて水を吸わすといいらしい、と聞いて、ネットでも調べてみました確かに、米の中に入れて復活した事例がいくつかありました。

早速ジップロックにお米をたくさん入れて、その中にiPhoneを入れて、24時間待つことにしました。

今の時代、しかもスペインで携帯がないというのは大変不便です。ちょうど引っ越す予定で新しいピソを探しており、その連絡がWhatsappに入っている可能性がある、うーん、、、困った。でもしょうがありません。

LINEではなくWhatsAppを使います
ヨーロッパではチャットと言えばWhatsApp。スペインでも、もちろんみんなWhatsAppを使っています。WhatsAppインストールしていないとスペイン生活に乗り遅れるよー。 「WhatsA...

24時間経過後、米から取り出す

完全に水の中に浸ったわけではなかったので、淡い期待を抱いていました。

「きっと電源は入る。」

電源、入りませんでした。。。

インターネットの情報によるとさらに2日待ってみてから電源を入れてみよ、と書いてありました。が、2日も待てません(;_;)

というわけで、修理に出してみることにしました。

Z-movilで修理を依頼

セビージャのエンカルナシオン広場(Plaza de la encarnacion)にある Z-movil という携帯ショップで修理することにしました。

ここは以前にiPhoneの画面修理をしたことがあり、確か50ユーロくらいで安価だったし、腕も確かだったので今回もこちらに頼ることに。

修理カウンターに中国人の技術者(?)達がいます。水濡れしたことを伝えたところ、

「limpiar(中をきれいにする)のなら30ユーロでできる、それで電源がつかなければお代はいただきません。」

と言ってくれたので(太っ腹だと思いました)、まずはそれをお願いすることに。2時間半後にもう一度来てください〜、ということでしたので、またもや淡い期待を抱いてiPhoneを預けました。

2時間後取りに行ったところ、
「電源は入ったけど、セルフィーのためのセンサーがやられており、交換の必要があります。お渡しは明日です。交換の費用は50ユーロです。どうしますか?」
と言われました。

30ユーロ+50ユーロで80ユーロですが、仕方ありません。中古でも買い直したらもっと高いので、お願いすることにしました。

なおったiPhoneを受け取り

翌日の夕方、きれいになった、センサーが新しくなったiPhoneを取りに行きました。無事セルフィーも撮れるようになってました。あー良かった。

ここのスタッフさんの腕と知識は確かです。しかも、他のお店でお願いするより格段に安い気がします。ちなみに、修理費用は現金払いのみです。

セビージャで携帯トラブルに見舞われた方のご参考になれば。

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luego!!!