増便の可能性も!? 日本〜スペイン間のオープンスカイ合意

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
airport-691047_640-min

以前にイベリア航空 スペイン〜日本の直行便復活!という記事で2016年10月〜直行便が運航することをお知らせしました。

イベリア航空 スペイン〜日本の直行便復活!
待ちに待った!ついに! 2016年10月18日からイベリア航空がスペイン〜日本の直行便を開始します!スペインへ旅行・留学を考えている人には嬉しい限りの朗報ですね。 路線はマドリッド〜東...

このたび、両国の航空会社が原則自由に便数や路線を決めることができる「オープンスカイ」(航空自由化)に合意したというニュースが飛び込んできました。

オープンスカイって?

wikipediaによるとオープンスカイ(協定)とは、

航空会社が2ヶ国間あるいは、地域内の各国において空港の発着枠、航空路線、便数などを決められる航空協定の事

とのこと。

つまり、イベリア航空だけではなく、日本の航空会社がスペインへの直行便を運航したりすることができるってことですよね!?

ということは、現在発表されているイベリア航空の便の他に直行便が増える可能性がある!そして、マドリッドだけではなくバルセロナや他地域への直行便の可能性もあるということかな?

さらに、JALはコードシェア便にイベリア航空を追加したいと申請しているようです。

スポンサーリンク

背景は観光客増加

日本からスペインは人気の旅行先の一つだと思います。私も大学の卒業旅行はスペインでした。

そして近年はスペインから日本へ来る観光客も増えているそうです。

2014年の日本によるスペイン旅行は47.5万人、スペインからの訪日旅行は6.1万人。さらに2015年は訪日客が7.7万人に増加。(トラベルボイス記事より)

日本の政府も観光面と経済面の交流活発化を望んでいる、とのことです。
直行便が増えることで、お互いの旅行者がさらに増えて交流が深まれば嬉しいことですね。

現在発表されているイベリア航空の直行便

現在発表されている便についておさらいしてみます。

路線はマドリッド〜東京の間。
東京は成田空港第2ターミナル発着、マドリッドはバラハス空港発着です。
東京発が月・水・金曜日、マドリッド発が火・木・土曜日の予定。

東京発:11:20
マドリッド着:17:20
フライト時間:14時間

マドリッド発:13:20
東京着:翌9:35
フライト時間:13時間

今回の自由化を機に、曜日に関係なく直行便が飛ぶようになったら、さらに使いやすくなりますね。

直行便就航を機に旅のプランを立ててみよう

上記の直行便が飛んだら夕方にはマドリッドに着くことになります。がんばればその日中に、他都市への移動も可能です。

マドリッド〜セビージャは現在のところ、AVEの最終が21:30頃、飛行機でも移動が可能です。

*電車で移動する場合の詳細は、レイルヨーロッパジャパン参照
*飛行機でマドリッド〜セビージャを移動する場合は、スカイスキャナー参照

欧州を経由するとマドリッドへ夜に着く便というのも多かったので、これまでより時間を有効に使えそうですね。

旅行会社によっては既に直行便を利用したツアーを用意しているところも。
チェックしてみて下さい。

夏特集

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luego!!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする